〒300-1211 茨城県牛久市柏田町3315-10 TEL:029-872-5532

土浦ニュース

ガンホー社にて

パズドラでも有名な、あのガンホー社(ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社)へ企業訪問学習に行ってきました。

 

本社ビルは東京駅近くにあり、コンピュータやゲームに興味のある生徒が、はるばる足を運びました。

 

到着後、施設内を移動中、興奮のあまり喜びの声を発する生徒もいました。

 

部屋に通された後はまず、ガンホー社の歴史について、スライドを用いた説明を聞いて学びました。最初はオークション事業を手掛ける会社から始まったというのは初耳でしたし、意外でした。

 

PCオンラインゲームのラグナロク・オンラインをヒットさせ、そして今や金字塔を打ち立てているパズドラことパズル&ドラゴンは2012年2月20よりサービスを開始したのだそうです。スマホゲームを新規開拓したのがその大きな業績の一つであり、今やはパズドラは、4600万ダウンロード数を誇るモンスター・スマホ・ゲームに発展しています。

 

また、ゲームはどのうよに作られるのかについても分かりやすく説明してもらいました。コンピュータ・ゲーム業界を夢見る生徒にとっては、とても参考になる説明だったのではないでしょうか。

 

そして質疑応答。事前に提出していた生徒からの質問に答えてもらうことができ、生徒も大満足です。

 

そんなこんなで、あっという間に、企業訪問学習は終了。おみやげもいただき、最後にロビーで記念写真もとることができました。

 

昨年度の企業訪問もスマホゲーム会社でしたが、ゲーム分野は生徒に根強い人気がありますね。また今後、企業訪問実施したいと思います。

つくば開成高校土浦学習センターでは、7/22(土)に、学校説明会・オープンスクールを実施します。

 

通信制高校への入学を考えている中学3年生生・保護者の方対象です。

 

学校説明の他に、レポートの学習体験や、特別授業「たのしいドット絵講座」を体験できます。

 

学校案内だけでは分からない、学習センターの雰囲気をぜひ味わってください。

 

全体的な説明の後に、個別相談(要予約)も可能ですので、お気軽にお申し込みください。

 

つくば開成高校 土浦学習センター 学校説明会・オープンスクール

  • 日時
    7月22日(土)13時~
  • 会場
    つくば開成高等学校 土浦学習センター
    〒300-0037 土浦市桜町1-17-15 三和桜町ビル2階
  • 申込方法
    以下のPDFファイルをご確認の上、お電話(029-835-2007)または、FAX(029-835-2024)にてお申込みください。

    ※体験授業終了後の個別教育相談は、先着順にお時間を設定させていただいております。

 

土浦学習センターで、スパッタリング・ステンシル教室を行いました。

 

スパッタリング、ステンシル、ともに描画の技法名です。

 

スパッタリングは、

 

絵具を細かな目を持つ網に塗りそれをブラシでこする、あるいは目の細かな網を絵具をつけたブラシでこすることで、小さな粒子として絵具を飛ばす手法。(wikipeida)

 

のこと。

 

そして、ステンシルは、

 

型紙を切り抜き、その穴の部分から絵の具などを紙につける技法。(weblio)

 

のこと。

 

絵筆で直接色をつけるのではなく、こんな絵の描き方もあるんですね。

 

スパッタリングの方は、なかなかうまく行かず、根気が必要。

 

でも、絵筆では出せない、きれいな仕上がりになります。

 

それに対して、スポンジを使うステンシルの方は意外とかんたんにできたようです。

 

生徒それぞれが個性豊かな作品を仕上げてくれました。

 

色合いがきれい

HRで心理学のお話し

 

HRの小話は心理学から

ホームルームでは毎回テーマを決めて話を聞いてもらっています。

 

 

今回取り上げたのは、「先送りしてしまう心理メカニズム」について。

 

生徒に限らず、私たちは、「やろう」「やらなきゃ」と思いつつも、「後でゆっくりやろう」「面倒くさい」など、物事を後に先送りしていまうことがよくあります。

 

この行動にはどのような心理メカニズムが働いているか??

 

認知療法では、「自動思考」というメカニズムが働いているようです。そして、自動思考は、私たちの考え方、こだわり、思い込みと密接にかかわっており、なかなか修正が難しかったりします。

 

この心理学の話を聞いて、特にレポート課題の提出が遅れがちだった3年生は、強く頷いていました。

 

通信制高校ではレポート・スクーリングが学習の要となっています。できる限り、先送りせずに、計画的に学習を進めてくださいね。

 

土浦学習センターには、心理学に興味を持っている生徒が多いようなので、また機会があればお話しさせてくださいね!

パズルで数学

前回の「科学おもしろ講座」につづき、今回は「数学おもしろ講座」を実施しました。

 

この講座の趣旨は、前回同様、数学の「おもしろさ」に気付いてもらうこと。

 

「数学が苦手」という時、計算や図形が苦手という理由だったり、極端な場合、「将来数学なんて使わない」なんて理由で、数学を敬遠する声が聞かれます。

 

でも、数学は本来は、考える手順や過程を楽しむもの(と考えています)。

 

今回のおもしろ講座では、数学的なパズルやクイズを解きながら、楽しく思考力を鍛えました。ひらめきや発想力のトレーニング、いわゆる「脳トレ」ですね。

 

一たび興味を持てば、数学は科学や歴史など他教科同様、おもしろい教科のはずです。そんな数学の「おもしろさ」発見していきたいですね。

うまく顕微鏡で観えるかな?

土浦学習センターで「科学おもしろ講座」を実施しました。

 

この講座は、科学の各分野から「おもしろい」ものを取り上げて、科学の楽しさを実感してもらうためのものです。

 

第1回目は「生物」の分野から。

 

光学顕微鏡を使っての観察です。

 

今回顕微鏡で観察したのは、玉ねぎ、藻、納豆の3つ。

 

最初に顕微鏡の由来や、使い方など、一通り講義を受けたあと、実際に観察活動を行いました。

 

生徒一人ひとり、3つの観察物の中から好きなものを一つを選んで、最初に「一時プレパラート」を作成しました。

 

特に、納豆菌のプレパラートの作成にチャレンジした生徒は、なかなか作成が難しかったらしく、難儀していました。

 

それでも、粘り強く何度もトライした末に、顕微鏡を通して観たいものが観察できた時には、みんな嬉しそうでした。

 

やはり観察の醍醐味は、自分の眼で確かめる楽しさにあります。

 

机上で学ぶ科学とは違った楽しさを味わってもらえたら嬉しいです。

 

次回以降の科学おもしろ講座は、物理や化学から取り上げる予定です。ぜひまた参加してくださいね。

楽しく調理実習

調理実習スタート!

土浦市立一中地区公民館の調理実習室をお借りして、調理実習を行いました。

 

今回の調理実習のレシピは、「豆乳ケーキと簡単プリン」! 午後からの実習ということもあり、デザート感覚で食べられるものが選ばれました。

 

参加者は女子が多数の中、紅一点ならぬ「緑(青)一点」で参加した男子が、特に張り切って積極的に作業してくれました。

 

また3年生女子も、機転を利かせて、みんなが協力しやすいように、声をかけあって、テキパキと行動していました。さすが上級生!

 

当初は豆乳ケーキと、簡単プリンのみの予定でしたが、余った材料を利用して「お手軽パン」をつくりました。いちばん手間がかからないにも関わらず、チーズ、ハム、マヨネーズが入ったこのパンが生徒には大好評!

 

意外と手のかからないものが、おいしかったりするのですね。たのしい実習でした。

 

実際の新聞記事を読みながら

土浦学習センターでは、定期的に「教養講座」と題した授業を行っています。参加は自由です。講座の目的は、最新のニュースを紐解き、「生きた知識を身につける」ということ。

 

教材には、その時々のニュースを取り上げています(ニュース検定協会のニュースの窓の新聞記事を利用)。昨日は「アメリカのパリ協定離脱」の記事を取り上げ、パリ協定とは何か、そしてさかのぼって京都議定書とは何かなどについての理解を深めてもらいました。

 

教科書に書かれていることを理解したり、英語や数学など各教科の基礎基本を身につけることはもちろん大切ですが、社会に出たときに役立つのは、「教養」であることが多いものです。

 

「今」世の中で起きていることが、「わかる」という体験を重ねることで、「知ること」とはつまり、「勉強すること」につながるんだと実感してもらえたら嬉しいです。

土浦学習センターでは、「寺子屋の時間」を設けています。

 

中学校の学習内容を学び直していく、自己学習型の学習時間です。

 

レポート学習のみだと、なかなか必要な学力の定着が難しいため、レポート課題の提出が順調に進んでいる生徒には特に、レポート以外の学習にも積極的に取り組んでもらっています。

 

本日は、ベネッセコーポレーションの教材「マナトレ」を利用した学習を行いました。

 

アルファベットと発音のしくみを理解しながら、実際に英単語を発音しながらの学習です。

 

「アルファベットと綴りがうまく一致させられない」ことが、意外と「英語嫌い」になる原因でもあるため、基礎的な内容ですが、ゆっくり・じっくりと課題に取り組んでもらいました。

 

英語の学び直し学習をする生徒には、10月の英検を目標にしています。少しずつ学習を重ね、検定合格を目指しましょう!

 

陶芸体験をしました

陶芸の先生をお呼びして、陶芸教室を開きました。

コップを成形しています

 

最初にみんな挑戦したのは「コップづくり」。

 

陶芸の先生に教わりながら、試行錯誤して作品に仕上げていました。コップ一つとっても、一つひとつに作品の個性が出るのがおもしろいですね。

 

コップを作った後は、それぞれ思い思いに、オリジナルの作品づくりに挑戦です。

 

ネコやキャラクターなどのマスコットをつくる生徒、箸置きや皿などの実用的なものをつくる生徒、多種多様な作品ができ上がりました。

 

今回成形した作品は、素焼きのあと戻ってきます。次回の陶芸教室は、絵付けを予定しています。素焼きした作品に、更に色をつける作業をします。次回もお楽しみに!

 

午後の部も楽しく終了

個性豊かな作品たち

 

見学のご予約・資料のご請求
牛久学習センター
守谷学習センター
土浦学習センター
鹿嶋学習センター

資料のご請求ご見学・個別相談

go top