〒300-1211 茨城県牛久市柏田町3315-10 TEL:029-872-5532

守谷ニュース

師走の時期となりましたね。今年も残り日数が数えられるほどになってきました。

12/7(木)は、守谷学習センター主催の今年最後となるスポーツイベントとして、テニスを実施しました。

 

今回も絶好のテニス日和となりました

実は守谷で12月にテニスを行ったのは、今回が初になります。

寒空の中のテニス・・・ということも少々考えられましたが、当日は晴天に恵まれ、この季節としてはやや暖かい、最高気温13度となりました。

 

この日、テニスとしては過去最多となる21名が、守谷市の常総運動公園テニスコートに集まりました。

 

今回の参加者の中には、最近転入した生徒も何人かいたため、また新メンバーを加えての実施となります。

 

最初に、初心者と経験者のクラスにそれぞれ分かれました。

全参加者のうち、約3分の2にあたる生徒が初心者クラス、残りの3分の1が経験者クラスです。

 

後半はラリー中心に行います

初心者は、まずはラケットの持ち方から、ボールに慣れることを中心とした基礎練習から始めます。

経験者は、最初から1対1などでラリーを行いました。

 

初心者もだんだん慣れてくると、後半には、初心者と経験者を交えてのラリーも行うようになっていきました。

 

皆でボールを追い求め、体もだんだん温まっていきます。気づけば汗もかくようになってきたため、季節が冬だということを完全に忘れてしまうようでした。

 

今回のテニスでは、友人同士の交流が一層深められたようでした。また最近転入したために、まだ校内に友人がいなかった生徒にとっても、テニスを通して友人関係ができたという様子も見られました。

 

次回、守谷学習センター主催の体育スクーリングは、平成30年の1/19(金)ボウリングを実施する予定。

今年度も残り少なくなってきました。是非、次回の参加をお待ちしています☆

守谷学習センターでは、12/16(土) にオープンスクールを開催します。

 

通信制高校への入学を考えている生徒、通信制高校に興味のある中学3年生の生徒・保護者の方を対象にして、実際につくば開成高校の雰囲気を味わってもらうことを目的としています。


当日は学校説明の他、「川柳にチャレンジ (国語)」「‘Cool!’な英語を学ぼう 」の体験を実施します。

 

また、「高校生の興味関心のベクトル をテーマとした公開講座も用意しています。


学校説明会だけでは分からない守谷学習センターの雰囲気を、ぜひ味わってください!

 

つくば開成高等学校 守谷学習センター オープンスクール

  • 日時
    12月16日(土)13時00分~14時45分
  • 会場
    つくば開成高等学校 守谷学習センター
    〒302-0115 茨城県守谷市中央1-20-4
  • 申込方法
    以下をご確認の上、お電話(0297-38-4455)にてお申込みください。

    ※個別相談は、別日程でも設定することが可能です。ご相談ください。

  •  

    もうすぐ秋も終わります。守谷学習センターでは、11/22(水)に今年度3回目の自然観察会を実施しました。

     

    まずは自然観察のポイントを教わります

    前回実施した9/20(水)は、夏から秋へと季節が移りかわる時期だったので、さまざまな植物を見つけることができました。

     

    さて、今回はどんな植物を見つけることができるのでしょうか?

     

    今回の自然観察会には13名の参加者が集まりました。

    毎度のごとく、教室で約20分間の事前指導を受けたあとは、全員で「土塔森林公園」に向けて出発します。

     

    公園内にある植物をみんなで探しました

     

    今回の自然観察会も、前回、前々回と同様にとてもいい天気に恵まれました。絶好の自然観察日和、とても楽しみですね。

     

    公園では、真っ赤に染まったイロハモミジをはじめ、たくさんの種類の木々が参加者を出迎えてくれます。

     

    みんなで新しい植物を見つけようと、公園内を散策して念入りに足元を探ります。しかし、今回見つかるのは落ち葉とドングリばかり。自生する植物はこの時期は少なかったようです。

     

    スケッチが終わると、学習センターに戻って植物のことを調査しました。以下は、レポートと感想の一部です。

     

    パソコンで植物について調査します

    クリ

    イロハモミジ

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    【感想】

    「秋の花を色々知れて良かったです。もみじがとてもきれいに色づいていました。」

    「今回は落ち葉が多かったけど、植物は少なかったです。寒さで手がかじかんで、うまく描けませんでした。」

     

    今回の自然観察会は、今年度3回実施した自然観察会の中では、一番植物が少なかったです。しかし、参加者の皆さんは一生懸命に探し、スケッチし、調査する様子が見られました。

    日に日に寒さが増してくる季節がやってきました。

     

    11/20(月)、守谷学習センターの美術イベントにて、毎年恒例のプラ板教室を実施しました。

     

    学習のリフレッシュや、友人とのコミュニケーションも兼ねて、今回は16名の生徒が参加しました。

    生徒達はそれぞれ、自分の作りたいデザインに一生懸命取り組んでいきます。

     

    4人グループで下書きを行う姿も

    集中して下書きを描きます

    図柄が描けたら形を整えます

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    そろそろかな?

    資料や画像を見ながら描いていたり、文明の力であるスマートフォンを利用して画像の上に板を乗せてトレースして描いていたりなど、皆さんがそれぞれの手法にて下書きを完成させていきました。

     

    初めての人も慣れている人も、楽しみながら制作しています。

     

    生徒の中には、今回のプラ板教室に向けて、自宅で何日も前からいくつか下書きを描いてきた人もいました。すでにプロの域に達しているような作品も見られ、販売できそうなハイクオリティーに驚きです。

     

    完成作品。プロ並みなものが仕上がりました!

    好きな言葉を描いたり、好きな動物のイラストやアニメのキャラクターを描いたりなど、描き手によって様々な表現の幅をもつ作品が仕上がりました。

     

    今回のプラ板教室に参加した生徒からは、

    「好きなロゴが作れて楽しかったです。」

    「キャラをうまく描くことができたので、よかったです。友達と一緒にできて楽しかったです。」

    「先生の説明のおかげもあって、とても作りやすかったです。楽しかったので、来年もまた参加したいです。」

    ・・・などの感想がありました。

     

    守谷学習センターでの次回の美術イベントは、12/18(月)ペーパーカード教室を実施する予定です。

    お楽しみに☆

    だんだんと寒さが身にしみる季節となってきました。国内では、すでに積雪がみられる地域もあるようです。

     

    11/16(木)、守谷市中央公民館の調理室で、この時期にピッタリの『鶏肉のトマト煮』と『ビシソワーズ』の調理実習を実施しました。『ビシソワーズ』とは、フランス料理で、じゃがいもの冷製スープのことです。

     

    グループに分かれて下準備から

    野菜を適当な大きさに切ります

    最後に煮ればトマト煮の完成

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    生徒たちは、普段は家で母親の手伝いをすることはあっても、自分自身で料理をする機会は少ないようです。

     

    料理は段取りが大事です。まずは、野菜や肉を切ったり、調味料を量ったりするところから始めます。じゃがいもの薄切りには、悪戦苦闘する姿が見られます。玉ねぎは、目に涙を浮かべながら頑張って切っていました。

     

    調味料を量り、火加減に注意しながら材料を炒めます。最後にコトコト煮つめると、トマト煮の完成です。

    じゃがいもと玉ねぎは煮たあと、ブレンダーでペースト状にします。そして牛乳、バター、生クリームを入れて冷蔵庫で冷やすとビシソワーズの完成です。

     

    完成! とても美味しそうですね。

    グループ毎に分担・協力し、スムーズな作業のおかげで、予定時間よりも早くに試食となりました。

     

    今回、調理実習に参加した生徒からは、

    作業がうまく進み、十分試食の時間ができてよかった。

    じゃがいもがきちんとしたスープになっていたので、すごいと思いました。

    失敗することもなく、美味しくできました。今度は家で母の代わりに作ってみようと思います。

    ・・・などの感想がありました。

     

    守谷学習センターでは、次回は1/9(火)に、被服実習「アクリルたわしを作ろう」を実施する予定です。

    筑波宇宙センター(JAXA)への訪問学習に行ってきました。

     

    宇宙と言えば、来月にはいよいよ「金井宣茂」宇宙飛行士が、国際宇宙ステーション(ISS)での長期滞在に出発予定です。

     

    また、同月には、「しきさい」「つばめ」という名前の衛星が打ち上げられる予定にもなっています。

     

    来月には、何かと話題にも上りそうな「宇宙」。

     

    その研究や開発を行っているJAXAは一度は行っておきたい場所です。

     

    展示館の「スペースドーム」では、「きぼう」「こうのとり」「かぐや」をはじめ、日本独自のネーミングがされた衛星などのモデルが展示されています。

    展示館「スペースドーム」

     

    また、人気マンガ「宇宙兄弟」の特設展もされていたプラネットキューブでは、宇宙食を含め様々なお土産を買うことができます。

     

    しかし、その中でも今回の目玉は、見学ツアーにおける「宇宙飛行士養成エリア」や「きぼう運用管制室」の見学。

    宇宙飛行士養成エリア内にて

     

    特に、管制室は見ごたえがあり、参加した生徒も貴重な体験ができたのではないでしょうか。

     

    今回は、事前学習として、理科の教員による実験学習「ロウソクの燃え方からロケットの燃焼まで」という授業も受けていただきました。

     

    学校で習う理科の学習が、実際の宇宙開発などにもリンクしていくということを、肌身で感じてもらえていたら幸いです。

     

    「宇宙」という分野は、特に「おもしろい!」と誰もが思える分野です。今回の訪問学習で興味を持ったなら、ぜひ深く深く掘り下げて行って、「知らないことを知る楽しみ」を味わってください。

     

    またこのような訪問学習実施したいと思います。その時はまた参加してくださいね。

    守谷学習センターでは、毎年11月に日本の古典や歴史の学習の一環として、百人一首大会を開催しています。

     

    事前学習で和歌や歴史について学びます

    最近は、漫画からアニメ化・映画化もされた『ちはやふる』の影響もあって、百人一首という言葉をよく知っている高校生はとても多いように感じます。

     

    しかし、百人一首については具体的にまだ知らない生徒も多いです。まずは、11/6(月)に事前学習を行いました。

     

    事前学習では、百人一首の和歌のことや、歌人の生きた飛鳥時代後期から鎌倉時代前期までの歴史、そして、何首かの和歌を取り上げて、その和歌のもつ意味についても学びました。

     

    そして、11/13(月)は百人一首大会の本番です。まずは、17名の参加者を4つのグループに分けました。

    今回は『散らし取り』という百枚の取り札をばらばらに置いて取り合う遊びと、『源平合戦』という源氏と平氏の両陣営に分かれて争う遊びを行いました。全員で、優勝の「藤原定家賞」を目指して接戦を繰り広げます。

     

    最初は散らし取りを行いました

    次は源平合戦。源氏・平氏に分かれて対戦

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    百人一首かるたは、読み札には一首全部が絵とともに書いてありますが、取り札には下の句しか書いてありません。それも歴史的仮名遣いなので、慣れるまで取るのも大変です。歌を覚えている人は、上の句の出だしで札を取ることができます。今回もお気に入りの一首を持っている人が何人かおり、さっと取っていました。

     

    多くの札を取った人には表彰を行いました

    『源平合戦』は、今回は3対1で源氏側が勝利となりました。

     

    最後に、百人一首のまとめとともに、個人の取った札の合計を集計して、表彰式を行いました。

     

    今回の「藤原定家賞」は何と77枚!!

    第2位である「小野小町賞」の44枚を大きく引き離した上でのダントツの優勝となりました!

    今回の百人一首では、40枚前後を取った人がとても多く、2位以下はかなりの混戦状態となりました!

     

    百人一首大会に参加した生徒からは、

    周りの人もすごく、思ったよりも難しかったです。視力と集中力が鍛えられました。

    とても楽しかったです。和歌の意味を知っていると、もっと楽しめるものだと思いました。

    自分の取った札は少なかったけれど、周りの人に恵まれたので、源平合戦は無事勝利できました!

    ・・・などの感想が寄せられました。来年は是非、皆さんも参加してみてください☆

    つくば開成高校では、年に2回日本語検定を実施しています。11/10(金)に、第2回の検定を実施しました。

     

    この日、守谷学習センターからは、2級から5級まで19名の生徒が受検しました。

     

    合格目指して取り組みました!

    文部科学省後援事業の日本語検定が始まったのは、今からちょうど10年前の平成19年度になります。

    この年度は、守谷学習センターが開校した年度でもあり、その頃から本校では日本語検定を実施しています。

     

    通算で20回を超えるこの検定に、今まで多くの生徒が受検し、たくさんの合格者を出してきました。

     

    前回6月に実施した日本語検定で、守谷学習センターからは、 2級(大学卒業~社会人中級レベル)の合格者が出ました!

     

    今回の日本語検定に向けて、生徒たちは10月上旬くらいから、日本語検定の対策学習を一生懸命している姿があちこちでよく見られました。

     

    検定当日の朝も、生徒たちはいつもより早く登校して直前演習に取り組んでいます。合格できるといいですね☆

     

    次回の日本語検定は、平成30年の6月になります。今回受検して合格した生徒はさらに上の級を目指して、今回受検しなかった生徒も、次回こそは是非チャレンジしてみてください☆

    守谷学習センターでは、11/25(土) 12/16(土) にオープンスクールを開催します。

     

    通信制高校への入学を考えている生徒、通信制高校に興味のある中学3年生の生徒・保護者の方を対象にして、実際につくば開成高校の雰囲気を味わってもらうことを目的としています。


    当日は学校説明の他、「川柳にチャレンジ (国語)」「‘Cool!’な英語を学ぼう 」の体験を実施します。

     

    また、「高校生の興味関心のベクトル をテーマとした公開講座も用意しています。


    学校説明会だけでは分からない守谷学習センターの雰囲気を、ぜひ味わってください!

     

     

    つくば開成高等学校 守谷学習センター オープンスクール

  • 日時
    11月25日(土)13時00分~14時45分、 12月16日(土)13時00分~14時45分
  • 会場
    つくば開成高等学校 守谷学習センター
    〒302-0115 茨城県守谷市中央1-20-4
  • 申込方法
    以下をご確認の上、お電話(0297-38-4455)にてお申込みください。

    ※個別相談は、別日程でも設定することが可能です。ご相談ください。

  •  

     

    守谷学習センターにて、今年度3回目となる出張授業を、10/26(木)に実施しました。

    第3回のテーマは「保育分野」です。

    今回の講師・鎌田先生

     

    今回は、千葉県流山市にある「江戸川大学総合福祉専門学校」より、こども福祉科主任の鎌田先生をお招きして、保育業界についての講演と体験授業を行っていただきました。

     

    前半は、まず専門学校の紹介から始まり、保育園と幼稚園の違いのことや、子どもが誕生するまでの話、保育士が活躍する現場についての話などをしてくださいました。保育士は国家資格であり、保育士の資格をもつ人が働ける現場は、保育園以外にもたくさん存在することなどを教わりました。さらに男性保育士も、最近ではだんだん増えているということです。

     

    興味深い内容に、生徒たちも真剣です

    瀧村有子作『ちょっとだけ』の読み聞かせ

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    後半は、先生の手作りによる様々なおもちゃが登場しました。おもちゃについては、よくできた既製品よりも、手作りの簡単なものの方が、小さな子どもは喜んでくれることなどを教わりました。

     

    また、子ども向けの本の紹介や、読み聞かせもしてくださいました。生徒たちは、10年以上前に読んでもらった経験のある本に懐かしさを覚えたり、その本に秘められた奥の深さを初めて知ったりもしました。

     

    懐かしい「あやとり」の体験もしました

    最後に、手を使った遊びとして、全員であやとりをしました。

     

    生徒たちのなかには、初めてやった人もいれば、昔やったのを覚えていて、とても上手にできる人など様々でした。

    特に多かったのは、「10年ぶりなのでもう忘れてしまった」という生徒たちです。

     

    先生からは、あやとりのやり方や、あやとりを使った簡単な手品などを教わりました。だんだん慣れてくると、友人と2人であやとりをする姿もあちこちで見られました。

     

    出張授業に参加した生徒からは、「保育士は、とても幅広い分野で活躍していることが分かりました。」

    将来子どもができたら、私は工作が少し得意なので、工夫しておもちゃを作ってみたいと感じました。」

    「一番大切なのは発想力だということが分かりました。言葉だけで伝えるのではなく、モノで何かを伝えた方が子どもは喜ぶし、伸びるということが分かりました。」・・・などの感想が寄せられました。

     

    守谷学習センターでは、今年度は「デザイン」「栄養」「保育」の分野で、全3回の出張授業を実施しました。

    これらの出張授業で学び、体験したことが、将来の進路選択の参考になるかもしれませんね☆

     

    見学のご予約・資料のご請求
    牛久学習センター
    守谷学習センター
    土浦学習センター
    鹿嶋学習センター

    資料のご請求ご見学・個別相談

    go top