〒300-1211 茨城県牛久市柏田町3315-10 TEL:029-872-5532

守谷ニュース

皆さんが、もし誰かが突然倒れているところを目撃したらどうしますか?

すぐに近寄って声をかけると思います。

でも、その人が、息をしていなかったら・・・

 

10月11日(火)に守谷消防署で行った普通救命講習は、そのような場面に遭遇した時、救急車が来るまで

に、どのように対処をすればよいかということを学ぶものです。

心肺蘇生やAEDなどの、一次救命処置が大切なことは言うまでもありません!

 

今回の参加生徒は13名。

3人一組になり、一組ずつ消防隊員の方がつき、マンツーマンで救命処置の手順を学びました。

みんな真剣に、息をはずませ、胸部圧迫や人工呼吸、AEDに取り組みました。

 

守谷学習センターにて、10/6(木)に羊毛フェルトによるマスコット製作を実施しました。

参加した12名は、手芸を趣味としている生徒や、手芸自体が人生初という生徒などがいました。

 

今回は、主にフェルティングニードルという専用針を使用します。

このフェルティングニードルで羊毛をチクチク刺し固めることで、さまざまな造形が楽しめます。

 

ニードルでチクチク・・・根気との勝負です

羊毛の繊維にあるうろこ状の表皮(キューティクル)をニードルの針先の小さな凹凸で引っかけ絡ませることで、だんだんとフェルト化していきます。

 

単調な作業がとても多いため、やっている姿はとても地味に感じます。しかし、羊毛から作品のパーツへと仕上がっていくにつれ、次第にテンションが上がっていきました。

 

皆、真剣。 一心不乱。 和気あいあい。

ときどき、「痛い!」といった声も上がります。

 

生徒達はトトロ、ネコ(しおり)、メロンパンなど、それぞれオリジナルの楽しい作品、世界に1つだけの作品を仕上げることができました。今回の被服実習で、皆さんが手芸の楽しさを味わえた時間になったようです。

 

ジブリでおなじみ作品

とても楽しそうですね

教科書からこんにちは

美味しそうな仕上がり

 

参加した生徒からは、

「思い通り形にするのが難しかったけれど、何とか完成できたのでよかった。」

「パーツがどんな形をしているのかを、よく観察して作りました。」

「難しく、すごくてこずったけれど、とても楽しかった。」

・・・などの感想が寄せられました。

 

守谷学習センターでは、11/10(木)調理実習を実施する予定。是非皆さんの参加をお待ちしています。

今年度も半分が終了となり、10月からいよいよ後期がスタートしました。

周りもだんだんと秋らしくなってきましたね!

 

10/3(月)に守谷学習センターでは、芸術の秋のイベント第1弾として「切り絵教室」を実施しました。

昨年経験のある2・3年生も、初めての1年生も、集中力と根気を試すチャレンジ課題です!

 

皆で楽しく切り絵のスタート!

口数もだんだん少なくなりました

何が出来るかもう分かるかな?

 

事前に準備された型紙をもとに、色画用紙を重ねてテープで止め、2枚同時に細部から切り進めます。

カッターの刃に注意しながら、手の疲労を感じつつも、注意深く作業に取り組んでいきます。

 

参加した生徒たちの中には、お互いに褒め合いながら進める人、コミュニケーションを取りながら制作する人、ひたすら集中して取り組む人など様々でした。

皆さんが作業を開始して数十分から数時間もすると・・・だんだん形があらわれていきます。

 

全て切りあがったらスプレーのりで台紙に貼り、作品の完成です☆

 

いかついライオンの完成

豪快な帆船もできました

 

 

小作品は「しおり」にもなりますね

 

 

切り絵教室に参加した生徒からは、

「細かい部分が難しくて何箇所か失敗したけど、最終的には作品として完成できて嬉しかった。」

「始めは上手くいかなくて苦労したけれど、少しずつ慣れてきて楽しくなった。」

・・・といった感想がありました。

 

参加した生徒は、脳に新しい刺激と達成感が味わえたようです。

守谷学習センターでは、11月は芸術の秋のイベント第2弾として「ペーパーカード教室」を実施する予定です!お楽しみに☆

9月27日(火)に、自然観察の校外スクーリングを実施しました。

 

 

まず、事前学習で日本の自然について学びました。

 

日本は世界的に見て、四季が豊かであり、

 

世界に誇れる自然がたくさんある、ということを勉強しました。

 

 

その後、守谷学習センターの近くにある土塔森林公園に行きました。

 

植物やきのこや公園の景色など、みんな思い思いにスケッチをしてくれました。

 

これまでの自然体験についても、レポートでまとめてくれました。

 

 

時として、自然は私たちに大きなパワーをくれます。

 

これからたくさん自然と触れ合ってほしいと願っています。

 

今回は学校の外で活動でしたが、次回は、理科実験を企画しています。

お彼岸も過ぎ、朝夕だいぶしのぎやすくなってきました。

 

さて、本校では1・2年次生の前期単位認定試験も無事終わり、

9月中旬には、各学習センターにおいて独自のイベントが行われました。

 

今年度も半分過ぎ、

10月より、後期がはじまります。

 

1・2年次は、新たな気持ちで学習活動に取り組んでおり、

3年次生は、AOや推薦入試の指導が佳境に入ってきています。

 

センター入試の出願も間近。

真剣なまなざしの3年次生を見ていると、ついつい応援の言葉をかけてしまいます。

 

さて、

10月の学校説明会ですが、

10月8日(土)と22日(土)の2回

いずれも、午後1時より

 

牛久本校および土浦・守谷・鹿嶋の各学習センターで行います。

 

学習システムや、

特色ある教育活動、進学コース、オリジナル講座、

入学方法等々について、わかりやすく説明しますので、

中学生の方はもとより、転・編入学を希望されている方も、

ぜひご参加ください。

9月23日(金)に、5月に引き続き第2回手話教室が行われました。

前回と同様、手話サークル「ふれあい」さんのご協力により、有意義な時間を過ごしました。

 

今回は、住所を手話で表現したり、「海の声」の歌を手話で教わりました。

次回は、11月に実施します。

 

生徒感想

・手話をして相手に何かを伝える時は口を動かすと教わりました。手話が通じなくても口の動きを見ればわかるのかなと思いました。

・参加する前は、言葉は全部指文字でひとつひとつ表すのかと思っていましたが、「風」だったら風が吹いているみたいに手をピューと動かしたり、「おはようございます」だったら顔の近くにある枕をとって指と指を向かい合わせて、ペコリとしたり、色々な表現があるのだなぁとびっくりしました。

・「海の声」は手話で90%くらいはできるようになりました。ひとつひとつの手の動きには意味があって、その意味も教えて頂きました。

・普段使っている言葉や単語でもすぐに覚えられるものから、なかなか覚えられないものまで様々でしたが、音楽に合わせると自然にできるので、それが不思議でした。

・いまだ手話を覚えきれていませんが、すらすらと会話ができるようになれたら、耳の不自由な方たちとコミュニケーションをとりたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年もかなり暑い夏となりましたね。そして季節も夏から秋に変わり、だいぶ過ごしやすい気候になりました。

 

今回は守谷学習センター主催、秋の体育スクーリング第1弾として、9/15(木)にテニスを実施しました!

この日、守谷市の常総運動公園のテニスコートに12名の生徒達が集まり、皆で楽しく行いました。

 

悪天候を乗り越え、今年度テニスは初の実施

実は守谷では、6月に最初のテニスを実施する予定でした。

しかし、その日は残念ながら雨。テニスは中止となりました。

生徒の中には、6月のテニスをとても楽しみにしていた人も多く、今回はまさに「待望のテニス」といった様子でした。

 

そして、迎えた9/15(木)の早朝・・・天候はまたしても雨。今回も中止かとも思われましたが、今度こそは天の神様が味方してくれました!  朝のうちに雨は止み、お昼前には問題なくテニスが行えるぐらいまでに天候が回復しました。

 

 

参加した12名のうちの半分以上は、全くといっていいほどテニスをやったことがない生徒達です。

よってほとんどの生徒達は、硬式テニスのボールの感触を体験したり、ラケットの持ち方を教わったりといったところから始めました。

 

やはり何事にも基本が大切。先生やテニス経験者の指導の下、最初は壁に向かってひたすらボールを打つ練習から、コート内でラリー(打ち合い)をするところまで順序立てて行っていきました。

 

初心者はテニスの基本練習から

経験者は最初からラリーを実践

 

テニス経験者達は、コート内でラリーを始めた後、早速試合形式でゲームを行っていました。

 

スクーリング時の天気は曇り空で、この日はわりと涼しかったですが、多くの生徒はテニスでかなり動き回ったため、汗だくになりながら取り組んでいました。

 

あっという間の3時間が終了し、今回の体育スクーリングは終了です。テニス初心者も経験者も、今回のスクーリングはとても充実していたようで「また次もテニスをやりたい」「次はいつテニスをやるんですか」といった声が多く聞こえてきました。 このように、本校の体育スクーリングは初心者でも楽しく行うことができます!

 

守谷学習センター主催の10月の体育スクーリングは、10/11(火)普通救命講習(守谷消防署)、

10/24(月)バスケットボール・バドミントン・卓球(常総運動公園体育館)を実施する予定です。

台風が立て続けにきた8月末

被害にあわれた方々に心よりお見舞い申し上げます。

 

9月になり、本校では1・2年次生の前期単位認定試験が始まりますが、

多くの生徒が8月末から登校して、レポートの復習をしていました。

 

もちろん3年次生は、夏期講習や進路に関しての相談で、7・8月中も多くの生徒が登校していました。

 

1・2年次生は前期の学習のまとめである試験に向けて、

3年次生は各自の進路実現に向けて、気持ちを新たにする9月です。

 

さて、7月・8月と、牛久本校・守谷・土浦・鹿嶋の各学習センターでは、学校見学会を実施し、

多くの方に本校施設をご覧になって頂きました。

 

今月は、9月17日(土)午後1時より、

 

学習システムや、特色ある教育活動、進学コースなどの紹介と校舎内見学を行う学校説明会を牛久本校および上記学習センターで行います。

 

中学生の方はもとより、転学ご希望の方、後期入学を考えていらっしゃる方、

ぜひご参加ください。

今年の関東地方は例年よりも遅い梅雨明けとなりました。いよいよ、本格的な夏が到来です!

 

7/25(月)と7/27(水)は、夏の美術イベントとして、守谷学習センターでプラ板(プラスチックの縮み板)教室を実施しました。両日とも最高気温が28度以下という、この時期としては割と過ごしやすい日だったためたくさんの生徒が参加してくれました。

 

まずは下書き用紙に下絵を描いて、その上に透明なプラ板を乗せてトレースしていきます。しかし、最近は文明の力(?)の賜物・スマートフォンに表示された画像に直接、板を乗せてトレースする生徒もいました。

こうすれば、絵の苦手な人でも集中さえすれば、しっかり望みのイラストが描けますね。

 

それぞれ好きな絵を描きます

友人同士、集中して描いています

あとは背景を描いてオーブンへ

 

イラストを描き終えたら、ハサミで四隅を丸くしたり、パンチで紐を通す穴を開けたりします。

 

最後にオーブンで加熱すると、みるみる板は縮小して、キーホルダーや携帯ストラップのサイズになります。

火傷に注意してさっと取り出し、冷める前に平らな物でプレス・・・そして、ついに作品の完成です!

 

今回は、紙ヤスリで板表面を荒くし、色鉛筆で描く生徒もいました。プラ板は小学生の時にやったことがある人も多いかもしれませんが、描く人やアイディアによって、実は大変奥が深い素材だということが分かります。

 

作品が完成!皆さん、力作ぞろいです。

生徒たちは、完成品を楽しそうに見せあったり、交換したりして楽しんでいました。また、2日とも参加した生徒の中には、1人で10枚以上を制作し、先生や家族などにプレゼントしていました。

 

プラ板教室に参加した生徒からは、

「自分だけの作品ができました。思ったより色がきれいに出たので、また作ってみたいと思いました。」

「透き通る感じがとてもきれいでした。とても上手くできたので、大切にしようと思います。」

「思いのほか楽しかったので、また参加したいです。」

・・・などの感想が寄せられました。

 

守谷学習センターでは、秋以降も引き続き、様々な美術イベントを実施していきます!お楽しみに☆

守谷学習センターにて、情報・IT分野の出張授業を実施しました。

今回の講師・松原先生

 

今回は、千葉県松戸市にある「明生情報ビジネス専門学校」より、IT教育部長の松原先生と学生総合支援室長の種村先生の2名の講師をお招きして「IT分野について」をタイトルに講演を行っていただきました。

 

IT化が進む現代においては、コンピュータを全く使わない業界は探す方が難しい時代になってきました。また、「コンピュータのプロ」と言われる仕事においても、ソフトウェア開発者、ネットワーク技術者、ウェブデザイナーなどと、非常に多岐にわたっています。

 

今や、ITはどのような職業にも必要なものになっています。

さらに、IT化が進むにつれて現時点で存在している職業の半分は、将来的に無くなると言われています!

 

今回の出張授業では、このようなIT分野の勉強の必要性や、IT技術者のニーズが多いことなど、高校生の将来における職業選択の参考になるお話をたくさんいただきました。また、IT業界の就職については、技術や資格の有無が重要になってきますので、他業種と比較すると学歴がそれほど重視されないという特徴があります。

 

IT分野の魅力をたくさん伝えていただきました

最後に、専門学校の紹介をしていただきました。

 

明生情報ビジネス専門学校は、資格と就職のための勉強を徹底的に行う学校であり、情報処理国家試験の合格率では全国トップレベルの実績を挙げています。

 

出張授業に参加した生徒からは、

「将来に向けて、すごくいい話を聞くことができた。」

「IT分野にはもともと興味があったけれど、これほど就職に有利だということが具体的に分かったのでよかった。」

・・・などの感想が寄せられました。

 

守谷学習センターでは、次回は秋に出張授業を実施する予定です。分野については決まり次第お伝えします。

お楽しみに。

 

見学のご予約・資料のご請求
牛久学習センター
守谷学習センター
土浦学習センター
鹿嶋学習センター

資料のご請求ご見学・個別相談

go top