〒277-0005 千葉県柏市柏4丁目3番3号 TEL:04-7160-2351

柏学習センターニュース一覧

ちば出前講座

     

今回は、中国の留学生燕興さんを講師にお招きしてお話しを伺いました。

まず驚いたことは燕興さんが話す流暢な日本語です。

中国語と英語そして日本語での自己紹介後になぜ留学先に日本の大学を選んだのか、日本での生活や体験などを話してくださいました。目的が明確です。

中国人の考え方や、食べ物・名所・地理・慣習など多くの事を教えていただきました。

中国人の世代により日本へのイメージも異なることを知りました。

生徒からの質問も数多くでました。古い歴史を持つ国、近くに位置しながらなかなか知らない国。中国にいだく生徒たちのイメージはそれぞれです。

皆、興味津々でした。

講演と質疑応答の時間はあっという間に過ぎ去り、最後には中国語の簡単な会話表現も教えていただきました。

発音が難しいな、でも楽しかった。生徒達の感想です。次回の異文化交流も楽しみです。

 

    

     

     

第5回目を迎えるつくば開成高校名物「柏学習センター文化祭」。

今回も実行委員会の生徒達を中心に企画から運営、広報まで様々な活動により実施することができました。

新しい試みとして、柏が誇る「キャリアコース」声優コース・マンガコース・ネイルコースの受講生徒、

講師の先生方にご協力いただき、盛りだくさんのイベントが行うことができました。

そのキャリアコース関係者の方たちのご尽力により、スペシャルゲストにお越しいただきました。

   
 涼しげな掲示物   アフレコ体験    輪ゴム射撃
   
声優コースによる発表   コスプレショー   マンガコースのイラスト作成
         
交流クイズ大会     ネイルコースの体験    生徒による茶会

     

 詳細については、今後何回かに分けてお伝えして行きたいと思います。こうご期待ください!

     

     

     

1年生の男子生徒5名がボランティア委員として、エコキャップ運動に関する活動をしました。

今年度1回目となるこの日の活動内容は、呼びかけポスターのリニューアルです。

以前先輩が作成したポスターを参考にしつつ、エコキャップ運動の推進に向けて、思い思いに工夫を凝らして制作しました。

 

色付けしたポスターは、ラミネート係、マグネット貼り付け係…と役割分担をして仕上げます。

2時間かけて出来上がった作品は、回収ボックスを設置している各階の自動販売機付近に掲示しました。

 

次回は、回収したキャップの仕分けと集計作業をする予定です。

今後も学校内外を問わず、誰かのためになるボランティア活動を続けていきます!

     

     

     

文化祭に向けて、夏祭りをテーマにした涼しげな飾りを少しずつ準備しています。

1つめは、うちわ制作。

不要になったうちわを水に浸し、紙を剥がして骨組みを再利用します。

新たに貼った和紙の上に、「祭」の筆文字を加え、水玉の模様を付けたら完成!

2つめは、風鈴づくり。

食べ終えたゼリーカップに穴を空け、クリアファイルや糸を使用します。

透明感のある、何ともきれいな風鈴がたくさん出来上がりました。

文化祭までの間、美術の先生の力を借りながら、他にも色んな装飾品を制作していきます!

     

     

     

東京証券取引所の町田先生を招き、株式の仕組みを学習しました。

株に興味のある生徒、経済に興味のある生徒は興味津々でした。

「私たちの暮らしと株式会社」「株式会社の仕組みと証券市場」「社会や経済の動きと株価」などマーケットを通じて世の中の動きに関心を持ったようです。

講義後にはボードゲーム「ブルサ」で株の売買を行いました。参加者全員が株の売買で資産を増やしました。

皆、講義を真剣に聞いていたようです。

講義後の質疑応答も活発に行われました。

受講した生徒の感想は、会社の業績・景気の株価への影響などがわかり今後ニュースも気にかけてみていきたい。ゲームを通して、世の中の動きを関心を持たなければならない事を学習したなど。

社会や経済の動きにさらに関心を持ってくれたようです。

将来株式会社をつくりたいという生徒も出てきました。

     

     

     

柏学習センターで年に2回の消防訓練を実施しました。

避難を体で覚えるのが目的です。

日頃から「備えよ、常に」の心構えを大切にして、咄嗟の災害に遭遇しても冷静に行動できるように真剣に訓練開始!

訓練では、避難後、初期消火活動も実施。消火器や消火栓の使い方を学んだ後に実際に操作をして初期の消火活動を行いました。

消火栓のバルブの操作が、慌てるとまちがえる場合があることもわかりました。

避難はしごや救助袋をつかっての避難なども実施しました。

訓練後の検証では、次回の訓練がさらに速やかに行われるように話がありました。

災害発生時に冷静な行動を行えるよう、実地訓練を反復したり、日頃からのイメージ訓練を行うことが大切だということを知りました。

     

     

 

     

絵の具を付けたブラシを網の上でこすると、絵の具が霧状に飛んでいきます。

これがスパッタリングという技法です。

今回は、「動き」がでるように制作してもらいました。

    

①気に入った絵柄で型を、1つか2つ作る。

②型を画用紙の上に乗せ、スパッタリングする。

③型を徐々に動かし、その都度色を変えて、スパッタリングする。

そうすると、動きのある作品が出来上がります。

絵の具の飛ばし具合は、偶然性があり予測ができないのが面白いところです。

「簡単でいい」という声もあれば、「思うように上手く飛ばない」といった声もありました。

今回の美術制作の中で、特に1年生はお互い、仲良くなって楽しそうでした。

     

     

      

今回のテーマは、「羊毛フェルト」のマスコット作り。
フェルティングニードルと呼ばれる専用の針を用いて、ふわふわの綿の様な羊毛を刺し固めていくと、繊維同士が固まってフェルト状になっていきます。
被服実習というと、何処となく女子生徒が多いものと思われがちですが、参加者の男女比は半々でした。
「スクーリングの為でなく、面白そうだから」「母にプレゼントするんです」と男子生徒。
先生から説明と注意事項を聞いたら、いざ開始!
最初のうちは皆真剣で、黙々と作業していましたが、ニードルの扱いに慣れて油断していると「いたっ!」と指を刺してしまう生徒もいました。

      

色やデザインにこだわりながら、サクサクサク…と綿を刺し続ける事、数時間。
うさぎ、シーズー、マトリョーシカ、メロンパン、猫のしおりと、独自の個性や工夫が光る可愛らしい作品が出来上がりました。

 
参加者多数! 最初はふんわりした状態  溝も付けると本物のパンそっくり
 
絆創膏が痛々しい…頑張りました! 自分好みにアレンジできます  ひと手間加えてあのディズニーキャラに
 
ふわふわ感が優しいマトリョーシカ  バラエティーに富んでいます  下からシーズー2匹、猫1匹 

      

       

     

今年度前期に、キャリアコース〈声優コース〉〈マンガ・キャラクタ-デザイン〉の授業がスタートします。
開講前に開講式を5月18日に行いました。
緊張と期待感をもった受講生を前に本校の奥田誠校長より受講生への激励、授業に臨む心得等の話がありました。

式後には第1回の声優コースの講座が開講されました。
今回の講座には体験の受講生も参加しました。
受講生の大きな声、いきいきとした表情がみられました。楽しい活気のある授業でした。

2日後には、マンガ・キャラクターデザインコースが開講しました。
後期にはネイルコースも開講予定です。文化祭にはネイルの体験講座も開きます。
進学コース、キャリアコースが開講され益々充実した高校生活を送れることを望んでいます。

   
校長先生からの言葉   基本の発声練習を学びます    墨汁とペンを使用しての練習

     

     

       

教育★ステーションの藤田和宏先生によるカウンセリング講座が、柏学習センターにて行われました。

今回は「親から子へのコーチングスキル」と言うテーマです。対象は保護者および教員です。
当日は保護者の方7名、教員1名の計8名での勉強会となりました。
藤田氏のセミナーはただ聞くだけのものではなく、参加者がロールプレイングを行うことで、真に実感できる内容でありました。

会の始めは参加者一様に硬い表情でしたが、藤田先生のムードに引き込まれ、活発な意見交換もできるようになり、集中したせいかあっという間の2時間となりました。

参加した方からは「大変に気付きの多い会でした。是非、次の機会も参加したい!」「家に帰って早速実践してみます!」など、とても前向きなご意見をいただくことが出来ました。
今年度は「コーチング」を主題に3回の読みきりの形で行います。
       

次回は9月26日(土)を予定しています。次回は、更に多くの方の参加をお待ちしております。

       

       


資料のご請求
ご見学・個別相談

go top