〒300-1211 茨城県牛久市柏田町3315-10 TEL:029-872-5532

茨城ニュース一覧

洋楽で英語に親しむ

前回、ビルボードチャートで英語という記事で、洋楽で英語に親しむ講座をご紹介しました。

 

今回はその第2弾。

 

第1騨では、最新の洋楽チャートのヒット曲と、全米ビルボードチャートのランキングの秘密について学びました。

 

今回は、Billboard Hot 100(全米シングルチャート)を分析し、どんなジャンルの曲が流行っているのかを調べてみました。

 

どんなジャンルだと思いますか?

 

洋楽のジャンルを調べてます

いちばんの流行りは、「POP」。やはり「ポップス」の人気ぶりは不動です。特に十代にウケるTeen Popの人気が高い。そして、もうひとつはHip Hop。ジャンル別にみると、ヒップホップ系の曲がかなり多くを占めていることがわかりました。

 

というように、時代別にどのような音楽が流行っているのかを知っていくことが、この講座の目的のひとつでもあります。

 

今回は、90年代の音楽までさかのぼりました。

 

90年代を風靡したマライヤキャリーのあの歌い方は「Melismatic」ということ、90年代は音楽が「多様化・細分化」されていったなど、時代を追って、音楽の移り変わりについても学んでいきました。

 

普段から聴いている音楽を、少し違う角度から見て、少しでも「おもしろいな」と感じてくれたらうれしいです。

 

次回は、洋楽のゴールデン・イヤーズ、華やかな80年代へと時代をさかのぼっていきます。

守谷学習センターにて、7/24(木)に栄養分野の出張授業を実施しました。

今回の講師・増田先生

 

今回は、東京都世田谷区にある「東京栄養食糧専門学校」より、増田先生をお招きして、栄養業界についての講演と体験授業を行っていただきました。

 

前半は、専門学校の紹介や栄養士についての説明をしてくださいました。

 

栄養士は、英語では「dietitian」と呼ばれます。一般的に、我々日本人はdiet(ダイエット)というと痩せることの意味で使用しますが、実は英語の「diet」とは、日本語では「食事」の意味になります。

 

電卓を使用して、全員で計算をしてみます

料理カードから、普段の食事を思い出します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後半は、「適正体重を知り、日々の活動に見合った食事を考えよう!」というテーマで、栄養分野の体験授業を電卓を使用して生徒全員で行いました。

 

まず生徒達は、自分の身長と体重から「BMI」の値と自分の「適正体重」を計算します。

そして、「基礎代謝量」と「推定エネルギー必要量」を計算式にあてはめ、現在の生活環境のなかで健康な体を維持するためには、どのくらいのエネルギー量を摂るべきなのかを計算しました。

 

最後に、普段の食生活に近いものの料理カードをエネルギー量を見ずに選んでもらい、推定エネルギー必要量と1日に食べているエネルギーとの比較をしてみました。

 

最後はカロリーの解説がありました

出張授業に参加した生徒からは、

栄養の大切さを知れて、自分の世界が広がりました。

計算によって、1日にどのくらいカロリーを消費するのか、どのくらい食べなければならないのかがよく分かりました。

給食の献立は、バランスよくつくられていたことが分かったので、栄養士は大事なんだと思いました。

・・・などの感想が寄せられました。

 

次回の出張授業は、10/26(木)に実施する予定です。

分野は決まり次第お伝えします。お楽しみに☆

つくば開成高等学校牛久本校では,本校に入学を検討している生徒・保護者の方に本校の特色への理解を深めていただくため,「体験学習会」を開催いたします。この企画を進路選択のご参考に利用していただければ幸いです。多数の皆様方のご参加をお待ちしております。

場  所: つくば開成高校 牛久本校  

日  時: 平成29年 1日目 8月17日(木) 13:15~16:30
             2日目 8月18日(金) 13:15~16:30

対  象: 入学を検討している生徒及び保護者,先生

日  程: 17日(木) 
・13:15~14:05 「レッツ・ダイエット」
 * ダイエットを勧める講座ではありません。食生活を見直すきっかけとなる講座です。
・14:15~15:05 英語のHalloween activityを通じて普段とは違う自分を
演じてみよう。
* 簡単な自己紹介の後は,英語のマジックで違う自分になってみよう。
・15:15~16:30 サークル見学(文芸サークル,クラフトサークル)
                
      18日(金)
・13:15~14:05 「勉強が楽しくなるコツ」
* 学ぶことの面白さに目覚める講座です。
・14:15~15:05 「理科実験」
* 理科が得意な人も苦手な人も,一緒に理科実験を楽しみましょう。
・15:15~16:30 サークル見学(音楽サークル)
* 奏音サークルによるコンサートを行います。

参加申込:電話(029-872-5532)にて,8月17日(木)の9時までにお申込みください。
申し込み時に氏名,学年,保護者の参加の有無,参加希望の講座,緊急連絡先をお知らせください。(8月13日~16日は休校させていただきます。)

その他 :筆記用具と上履きをご用意ください。
     

お問合せ先 つくば開成高等学校 牛久本校
                       〒300-1211  牛久市柏田町3315-10
                       TEL 029-872-5532 FAX 029-872-5534
                       担当 入試広報 高野  牛久本校責任者 藤生 

ガンホー社にて

パズドラでも有名な、あのガンホー社(ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社)へ企業訪問学習に行ってきました。

 

本社ビルは東京駅近くにあり、コンピュータやゲームに興味のある生徒が、はるばる足を運びました。

 

到着後、施設内を移動中、興奮のあまり喜びの声を発する生徒もいました。

 

部屋に通された後はまず、ガンホー社の歴史について、スライドを用いた説明を聞いて学びました。最初はオークション事業を手掛ける会社から始まったというのは初耳でしたし、意外でした。

 

PCオンラインゲームのラグナロク・オンラインをヒットさせ、そして今や金字塔を打ち立てているパズドラことパズル&ドラゴンは2012年2月20よりサービスを開始したのだそうです。スマホゲームを新規開拓したのがその大きな業績の一つであり、今やはパズドラは、4600万ダウンロード数を誇るモンスター・スマホ・ゲームに発展しています。

 

また、ゲームはどのうよに作られるのかについても分かりやすく説明してもらいました。コンピュータ・ゲーム業界を夢見る生徒にとっては、とても参考になる説明だったのではないでしょうか。

 

そして質疑応答。事前に提出していた生徒からの質問に答えてもらうことができ、生徒も大満足です。

 

そんなこんなで、あっという間に、企業訪問学習は終了。おみやげもいただき、最後にロビーで記念写真もとることができました。

 

昨年度の企業訪問もスマホゲーム会社でしたが、ゲーム分野は生徒に根強い人気がありますね。また今後、企業訪問実施したいと思います。

理科公開講座

 

牛久本校では、下記の日時で公開講座を行います。本校の生徒以外でも、入学を検討している生徒や保護者のみなさんも参加できます。進路を考える一助としてください。

 

講座名:理科 ~ロウソクの科学~
日 時:7月24日 (月) 10:40~12:10
担 当:牛久本校 理科 加藤重徳

 

内 容:

「この宇宙をまんべんなく支配するもろもろの法則のうちで、ロウソクが見せてくれる現象にかかわりをもたないものは一つもないといってよいくらいです」と、歴史上最も偉大な科学者であるファラデーは言いました。そのファラデーの言葉を借りながら、ロウソクを通じて、自然、そして科学を探求する面白さをお伝えできればと思っています。

 講義の後半では、実際にみなさんに実験をやってもらおうと思っています。新たな気持ちで、「ロウソクが燃える」という現象を一緒に探求しましょう。

 

入学を検討している方々は事前に申込をしてください。

 

【申込み先】
つくば開成高等学校 牛久本校
℡:0298725532

 

今年度に入ってから3ヵ月が経過し、いよいよ本格的な夏が到来しました。

 

守谷学習センター主催の体育スクーリングは、5月実施の体育館(バスケットボール・バドミントン・卓球)、6月実施のテニスに続いて、7/5(水)にはボウリングを実施しました。

 

14名の生徒たちがボウリングに参加しました

今年度初となるこのボウリングは、取手市にあるフジ取手ボウルにて行いました。

 

参加生徒数は14名。 牛久本校や土浦学習センター所属の生徒も一部参加していました。今回はボウリング場を利用できる時間が少なかったため、1レーン2名ずつに分かれ、合計7レーンを使用して行いました。

 

参加生徒の中には、月に何度もボウリング場に足を運び、かなり腕を磨いている人もいました。その生徒はストライクを連発し、周囲からは歓声があがっていました。

 

しかし、ほとんどの生徒は、ストライクやスペアが何回かに1度取れればラッキーといった様子です。

そのため、ストライクを出した嬉しさはかなりのもので、友人同士でハイタッチして喜びを分かち合います!

 

全員、ストライクを目指して臨みます

今回は短時間だったため、2ゲームだけというスタイルで実施しましたが、とても充実して行うことができた生徒も多かったようです。

 

参加した生徒からは、

「楽しかった!次もまた参加したい。」

「人生で初めてストライクが取れました!!」

・・・などの喜びの声もありました。

 

次は8/24(木)ボウリングを実施する予定。今回参加しなかった生徒も、次回の参加をお待ちしています☆

つくば開成高校では、毎年夏には各学習センター管轄の警察署の方に、交通安全講話を依頼しています。

守谷学習センターでは、6/29(木)に取手警察署の交通課の警察官をお招きして、講話を実施しました。

 

16名の生徒が交通安全講話を受講しました

今回の交通安全講話のテーマは「自転車の交通ルール」です。

 

免許も教習もなく、誰もが運転できる自転車は、高校生以下の生徒にとって、最も身近な乗り物の1つではないでしょうか?

 

しかし、自転車も自動車と同様、れっきとした車両(軽車両)なのです。多くの人にとって、自転車にも自動車と同じように道路交通法が適用されることや、自転車にも重大な事故の危険性が潜んでいることについては、あまり意識が届かない場合も多いかと思われます。

 

この交通安全講話では、前半にはDVDを見ながら実際の交通事故の事例とその後の社会的責任などについてを学びました。そして後半には、警察官より自転車の通行場所と主なルールについて伝えていただきました。

 

交通事故の再現映像の1コマより

最後には質疑応答の時間があり、生徒は日頃から疑問に思っている道路交通に関する質問を警察官に行っていました。

 

以下は、交通安全講話に参加した生徒の感想の一部です。

「自転車事故はいつ起こるか分からないので、常に交通ルールを守り、加害者にも被害者にもならないように気を付けたいと思います。」

「自転車は、自動車と違って免許等はいらず、簡単に運転ができるけれども、運転する側の責任は自動車と同じだということが分かりました。これからは今まで以上にルールを意識して運転しようと思いました。」

つくば開成高校土浦学習センターでは、7/22(土)に、学校説明会・オープンスクールを実施します。

 

通信制高校への入学を考えている中学3年生生・保護者の方対象です。

 

学校説明の他に、レポートの学習体験や、特別授業「たのしいドット絵講座」を体験できます。

 

学校案内だけでは分からない、学習センターの雰囲気をぜひ味わってください。

 

全体的な説明の後に、個別相談(要予約)も可能ですので、お気軽にお申し込みください。

 

つくば開成高校 土浦学習センター 学校説明会・オープンスクール

  • 日時
    7月22日(土)13時~
  • 会場
    つくば開成高等学校 土浦学習センター
    〒300-0037 土浦市桜町1-17-15 三和桜町ビル2階
  • 申込方法
    以下のPDFファイルをご確認の上、お電話(029-835-2007)または、FAX(029-835-2024)にてお申込みください。

    ※体験授業終了後の個別教育相談は、先着順にお時間を設定させていただいております。

 

土浦学習センターで、スパッタリング・ステンシル教室を行いました。

 

スパッタリング、ステンシル、ともに描画の技法名です。

 

スパッタリングは、

 

絵具を細かな目を持つ網に塗りそれをブラシでこする、あるいは目の細かな網を絵具をつけたブラシでこすることで、小さな粒子として絵具を飛ばす手法。(wikipeida)

 

のこと。

 

そして、ステンシルは、

 

型紙を切り抜き、その穴の部分から絵の具などを紙につける技法。(weblio)

 

のこと。

 

絵筆で直接色をつけるのではなく、こんな絵の描き方もあるんですね。

 

スパッタリングの方は、なかなかうまく行かず、根気が必要。

 

でも、絵筆では出せない、きれいな仕上がりになります。

 

それに対して、スポンジを使うステンシルの方は意外とかんたんにできたようです。

 

生徒それぞれが個性豊かな作品を仕上げてくれました。

 

色合いがきれい

HRで心理学のお話し

 

HRの小話は心理学から

ホームルームでは毎回テーマを決めて話を聞いてもらっています。

 

 

今回取り上げたのは、「先送りしてしまう心理メカニズム」について。

 

生徒に限らず、私たちは、「やろう」「やらなきゃ」と思いつつも、「後でゆっくりやろう」「面倒くさい」など、物事を後に先送りしていまうことがよくあります。

 

この行動にはどのような心理メカニズムが働いているか??

 

認知療法では、「自動思考」というメカニズムが働いているようです。そして、自動思考は、私たちの考え方、こだわり、思い込みと密接にかかわっており、なかなか修正が難しかったりします。

 

この心理学の話を聞いて、特にレポート課題の提出が遅れがちだった3年生は、強く頷いていました。

 

通信制高校ではレポート・スクーリングが学習の要となっています。できる限り、先送りせずに、計画的に学習を進めてくださいね。

 

土浦学習センターには、心理学に興味を持っている生徒が多いようなので、また機会があればお話しさせてくださいね!

 

見学のご予約・資料のご請求
牛久学習センター
守谷学習センター
土浦学習センター
鹿嶋学習センター

資料のご請求ご見学・個別相談

go top