〒300-1211 茨城県牛久市柏田町3315-10 TEL:029-872-5532

茨城ニュース一覧

 

年が明けたのも束の間

 

早1月が過ぎようとしています。

 

昔から1月は「行く」、2月は「逃げる」、3月は「去る」と言うくらい、

 

年明け後の3ヶ月は、月日が経つのが早く感じられます。

 

本校では、2月になると1・2年次生の後期単位認定試験が始まります。

 

年度の締めくくり、ぜひ日頃の成果を発揮してもらいたいものです。

 

さて、2月の学校説明会ですが、

 

2月18日(土)午後1時より

 

牛久本校、土浦・守谷・鹿嶋の各学習センターで行います。

 

学習システムや、特色ある教育活動、進学コース、入学方法等々について、わかりやすくご説明いたしますので、

 

中学生の方はもとより、転・編入学を希望されている方も、ぜひご参加ください。

 

なお、入学相談は、随時承っておりますので、お気軽

 

にご来校ください。

1月23日(月)、今年度2回目のビブリオバトルを行いました。

 

守谷の生徒には日ごろ「乱読」を勧めていますし、今回はコミックや映画やドラマのノベライズもOKとしましたので、紹介される本はさまざま・・・

 

事前学習で、基本的なプレゼンテーションを学んだのち、生徒達はチャレンジしました。

 

ブレゼンが終わった後、ディスカッションをして、投票!

 

今回は、山田悠介さん作の「名のないシシャ」がチャンプ本になりました。

 

なお、今回参加および紹介された本は以下の通りです。

 

もうすでに今年6月に実施予定の、次年度第1回ビブリオバトルに備える生徒がいるほど、守谷では読書熱が高まっています。

 

参加・紹介本一覧

・「ミステリー・ゾーン」 ロッド・サーリング他作

・「名のないシシャ」 山田 悠介作

・「最後の秘境 東京藝大」 二宮 敦人著

・「はたらく細胞」 清水 茜作

・「火の丸相撲」 川田作

・「猿丸幻視行」 井沢 元彦作

・「キャリー」 スティーヴン・キング作

・「壬生義士伝」 浅田 次郎作

・「青い鳥」 重松 清作

・「伊豆の踊り子」 川端 康成作

・「人間失格」 太宰 治作

・「博士の愛した数式」 小川 洋子作

・「蛍川」 宮本 輝作

・「クリスマス・キャロル」 チャールズ・ディケンズ作

・「海辺のカフカ」 村上 春樹作

・「ヘアピンサーカス」 五木 寛之作

 

 

   

1月21日(土)に、牛久市主催の「うしく男(ひと)・女(ひと)フォーラム2017」が開催され、

つくば開成高校から4名の生徒が、都市宣言文の唱和役、実行委員として参加しました。

 

つくば開成高校がある牛久市では、男女共同参画推進条例が制定されており、

その推進活動の一環として、毎年フォーラムが開催されています。フォーラムの中で、

市内高校生による「牛久市男女共同参画都市宣言」の唱和というプログラムがあり、

牛久市役所の方に声をかけていただき、今回初めて、つくば開成高校として参加させていただきました。

 

当日の会場は参加者で満杯で、牛久市長や市議会議員の方もいらして、緊張感のある雰囲気の中、

唱和役の2名の生徒は、他の高校の生徒と合わせて、しっかりと、堂々と都市宣言文を唱和してくれました。

朝早く集合して、準備から案内、そして後片付けまで、本当に一日頑張って働いてくれました。

 

 

他の市内の高校生や牛久市役所の方とも交流ができ、また、素晴らしい吹奏楽の演奏や講演も聞くことができ、

参加した生徒にとっても、とても実り多い一日になったのではないかと思います。

 

つくば開成高校としても、少しでも地域に貢献できる活動を、今後も行っていきたいと思っています。

   

1月17日(火)に、自然観察の校外スクーリングを実施しました。

 

今回は「ミクロな世界をのぞいてみよう」 ということで、
校舎で、顕微鏡を使った観察実験を行いました。

 

まず、ミクロな世界をイメージできるように、細胞の大きさについて学びました。
顕微鏡の使い方も復習して、実際に観察を行いました。

 

たくさんの微生物、細胞のサンプルから、みんな思い思いに見たいものを選んで、
観察して、スケッチをしてくれました。
見るだけでなく、ミクロメーターも駆使して、微生物、細胞の大きさも測りました。

    

顕微鏡を使うのは、中学校以来という生徒も多かったです。

 

教科書を見るだけでなく、実際に自分の手を使って、見たり、測ったりすることは、
とても大切だと思います。

 

また来年度も、このような機会をたくさん作っていきたいと思います。

 

アクリルたわし作り

守谷学習センターで、2017年第1回目のイベントとして、1/12(木)にアクリルたわし作りを実施しました。

前回のマスコット作りに続く今年度2回目の被服実習に、今回は7名の生徒が参加しました。

 

まずは先生から編み物の基礎を学びます

参加した生徒の多くは、編み物初心者です。

まず最初に、編み目記号と編み方などの基礎を学びました。

 

生徒達の中には、編み物を趣味としている経験者もいました。

その生徒は、作り方の紙を見るとすぐに編む手順を理解して、

どんどん編み始めていきます。

 

慣れない作業に多くの生徒が最初は四苦八苦していましたが、

少しずつ編み物のコツをつかんでいきます。それと同時に、

だんだんと編むスピードもアップしていきました。

 

少しずつ完成に近づいていきます

今回は『バラ』『ひよこ』『キャンディ』『肉球』『』『』のデザインの中から、生徒達が事前に作りたいものを選び、それに合わせた編み方を実践していきました。

 

結果、生徒達は『 バラ』『肉球』を選ぶことになりましたが、ダントツの1番人気は『肉球 何と、当日参加者7名中4名から選ばれるといったことになりました!

 

編み物初心者は、当日の3時間の時間内での完成は難しいです。

そのため、多くの生徒が製作の途中で終了時間となりました。

しかし、ほとんどの生徒たちは、作品を全て完成させようとして、時間外の午後にまで残って続けていました。

 

可愛らしい犬の完成

美しいバラの完成

こちらは人気No.1の肉球

 

最終的に、ほぼ全員がそれぞれの作品を最後まで完成させました。

何時間もかけて一生懸命に作った作品、たわしとして使うのは非常にもったいないですね。

 

今回の経験を通して、編み物の楽しさについて実感した生徒も多かったようです☆

今年も残すところあと数日を残すのみとなりました。そして2017年ももうすぐそこまで来ています。

12/26(月)に守谷学習センターでは、2016年最後のイベント(!?)として、年末大掃除を行いました。

 

窓やブラインドを念入りに掃除します

この日、午前中の大掃除のために集まった生徒は全部で18名

 

教員と生徒が一致団結し、普段はあまり掃除をしない窓やブラインド、階段部分の黒い汚れなどを皆できれいにしました。

 

守谷学習センターは1階から3階までの3フロアがあります。

午前中いっぱい時間を使い、一般コース生は1階と2階を中心に、進学コース生は3階と階段部分を中心として、それぞれの持ち場に分かれて一生懸命大掃除に取り組みました。

 

 

ブラインドや窓などの掃除に使用した雑巾は、あっという間に真っ黒になっていきます。

汚れを落としながら、守谷学習センターでの今年1年間の様々な思い出が蘇ってくるようでした。

 

階段部分の黒い汚れを落とします

皆で力を合わせて一生懸命行いました

 

皆様の御協力のおかげで、守谷学習センター内はとてもピカピカになりました。

これならば爽やかな気持ちで2017年を迎えられそうです。

一足早く正月バージョンにリニューアル

 

クリスマスも終わったため、守谷学習センターの2階の階段部分の飾り付けは、1月の正月バージョンへと変化しました。

一足早く守谷学習センターは2017年の雰囲気です☆

 

なお、つくば開成高校は12/29(木)~1/5(木)までは全校舎休校となっています。新年は1/6(金)から開校となりますので2017年の皆さんの登校をお待ちしています。

 

新年もよろしくお願いいたします。

つくば開成高校土浦学習センターでは、年明け1・2月に、以下の日程で学校説明会に合わせてオープンスクールを実施予定です。

 

志望校に迷っている中学生やその保護者の方、また既に土浦学習センターを見学いただいた方も含めて参加していただけます。

 

体験授業では、本校レポートの学習体験や、簡単な英会話やプログラミングのデモ授業を体験することもできます。

 

体験授業終了後は、個別に教育相談も承りますので、ぜひお気軽にお申し込みください。

 

つくば開成高校 土浦学習センター 学校説明会・オープンスクール

  1. 日時
    • 1月21日(土)13時~
    • 2月4日(土)13時~
    • 2月18日(土)13時~
  2. 会場
    つくば開成高等学校 土浦学習センター
    〒300-0037 土浦市桜町1-17-15 三和桜町ビル2階
  3. 申込方法
    以下のPDFファイルをご確認の上、お電話(029-835-2007)または、FAX(029-835-2024)にてお申込みください。

 

 

今年もあと少し・・・

 

皆さんにとってどのような年でしたか?

 

2017年もぜひ良い年にしたいものです。

 

中3生の皆さんにとっては、年が明ければいよいよ受験本番となります!

 

体調に十分気をつけて、日頃の成果を発揮してください。

 

さて、1月の学校説明会ですが、

 

1月14日(土)午後1時より

 

牛久本校、土浦・守谷・鹿嶋の各学習センターで行います。

 

学習システムや、特色ある教育活動、進学コース、入学方法等々について、わかりやすくご説明いたしますので、

中学生の方はもとより、転・編入学を希望されている方も、ぜひご参加ください。

 

なお、入学相談は、随時承っておりますので、お気軽に

 

ご来校ください。

今年も残りわずか。辺りはめっきり冬らしくなり、日に日に寒さが増していきます。

 

12/14(水)は、冬の美術イベントとして、守谷学習センターでプラ板(プラスチックの縮み板)教室を実施しました。前回は7/25(月)と7/27(水)に行ったのですが、生徒からの反応がとても好評だったため、前期に引き続いて後期にもう1回実施することになりました。今回は14名の生徒が参加です。

 

まずはイラスト描きから

仲良く2人で描く姿も見られます

こちらはパワフルな作品ですね

 

プラ板が縮みます

まずは、プラ板にそれぞれ好きなイラストや言葉を描きます。

次に、絵を描いたプラ板をオーブンで加熱すると、約1/4の大きさになります。

縮んだプラ板をオーブンから取り出し、本などで押さえて形を整えます。

最後に、穴に紐を通すと、自分だけのオリジナル作品の完成!

 

前回同様、生徒たちは好きなキャラクターやアーティストのロゴ、独自に考えたオリジナルキャラクターなど、思い思いの作品を作り上げていました。

今回も生徒たちによる力作が次々に出来上がっていきました!

 

完成品を原画と比較するとどうでしょうか?

作品の大集合! とてもにぎやかですね。

 

参加した生徒からは、「小さい頃にやったのを思い出しました。久しぶりにやって楽しかったです。」

「プラ板をやるのは初めてだったけど、とても楽しかったです。色をきれいに塗るのを頑張りました。」

「大きかった板がかなり小さくなってすごいなぁと思いました。」・・・などの感想がありました。

 

守谷学習センターの次回の美術イベントは、1/23(月)ビーズ教室を実施予定です。お楽しみに☆

土浦学習センターで実施している「英語おもしろ講座」は、今回で第6回目となりました。勉強としての英語ではなく、興味関心を深められるような「おもしろい」視点で英語を掘り下げる講座です。

 

今回のテーマは「英語で俳句」!

 

「英語で俳句なんて難しい」と思いがちですが、そんなことはありません。

 

たとえば、松尾芭蕉の「古池や 蛙飛び込む 水の音」は、小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)によって英訳されていますが、英語では “Old pond / Frogs jumped in / Sound of water” とかなりシンプルなつくりです。

 

講座では、俳句の歴史をふりかえり、実際に英訳されている名句をとりあげました。

 

そして、いざ「レッツ・メイク・ハイク!」(韻を踏んでいるのは、ねらったわけではありません!)

 

チャレンジしたのは、写真俳句です。写真を見て、その情景に合わせた俳句を詠むというものです。

 

題材になった写真は、こちらの画像。

 

参加した生徒が詠んだ俳句は以下のとおり。

 

  • On twilight / I think about that time / Milky Way
  • All alone / Look up at the night sky / Wait Metaoh
  • Stadium of stars / All alone / twinkling

 

みなさん、初めて作ったとは思えない出来栄えの英語の俳句です!

 

俳句はHaikuとして海外でも人気があるそうです。何と、あのオバマ大統領も、公式晩餐会で、安倍首相の前に一句披露したことがあるそうです。

 

Haikuのつくりかたを知っていると、将来どこかで異文化交流があったとき、話のネタとして大活躍するかもしれません。

 

今回は「英語で俳句」をお届けしました!

 

見学のご予約・資料のご請求
牛久学習センター
守谷学習センター
土浦学習センター
鹿嶋学習センター

資料のご請求ご見学・個別相談

go top