〒300-1211 茨城県牛久市柏田町3315-10 TEL:029-872-5532

牛久ニュース

北海道修学旅行が無事終了しました。

 

最終日は、この3日間でも最もハードなスケジュール。

 

朝食バイキングの後すぐにチェックアウトし、バスで支笏湖に移動です。

 

水中遊覧

北海道の自然を満喫中

バスガイドさんによれば、支笏湖は水深最大363メートルにもなるそうです。湖で体験したのは、水中遊覧。自然が作り出す砂地の波紋や、岩々の数々は、まるで芸術家による作品のような造形美でした。本日も晴天に恵まれ、水面下だけでなく、湖上からの風景もひと際、北海道の緑が青々と見えて、生徒はみんなカメラ片手に風景を切り取っていました。

 

支笏湖を後にして向かったのは、アイヌ民族博物館。別称「ポロトコタン」といい、「ポロ・ト・コタン」で「大きい・湖の・集落」という意味のアイヌ語だそうです。ここでは、アイヌ古式舞踊を観たり、民族楽器であるムックリの調べに耳を傾けたりしました。最後には、生徒も一緒に踊りに参加させてもらい、楽しい時間を過ごすことができしました。

 

かわいい北海道犬

バイキングでジンギスカン

生徒も参加! アイヌ民族舞踊

また、アイヌ民族博物館には、北海道犬や熊を観ることもできました。ソフトバンクでも有名な「お父さん」犬(カイ君)の娘にあたる「ひめ」ちゃんに会うことができ、その名前のとおり、箱入り娘のように大切に育てられ、とてもかわいらしい犬でした。生徒からも「かわいい」という声が多数あがっていました。

 

アイヌ民族博物館を出る頃には、お昼時。次に向かった最終目的地「ノーザンホースパーク」では、北海道グルメ、ジンギスカンを食しました。時間の関係で、乗馬体験や引退した競走馬の見学などはできませんでしたが、その分、食の面で堪能させていただきました。バイキング形式で、ジンギスカンだけでなく、他の料理もたんさんいただくことができました。これがかなり生徒には人気で、集合時間ギリギリまでノンストップで箸が止まらない生徒もいました。

 

これで北海道修学旅行の全旅程は終了。新千歳空港に向かい、名残を惜しみつつも、北海道を後にし、羽田空港まで戻ってきました。空の旅もスムーズで、あいにく関東は雨が降っていましたが、北海道の思い出を胸にみんな帰途につくことができました。

 

今回の修学旅行でカバーできたのは、北海道の道南周辺のほんの一部。バスガイドさんもおっしゃっていましたが、北海道にはまだまだ楽しめる場所が至る所にあります。将来、その魅力をさらに楽しめるよう再訪したもらえたら嬉しいです。今回参加されたみなさん、お疲れさまでした。週末はその疲れを癒して、また来週お会いしましょう!

北海道修学旅行二日目が無事に終了しました。

 

朝食バイキングにてパシャリ

一日目の疲れもあったのでしょう、朝食集合時は、何人か眠たそうな生徒が多かったように見えましたが、朝食バイキングで、美味しい食事を口にしているうちに、元気を取り戻したようでした。

 

 

本日は、元気が必要なアクティビティが午前午後と入っていたので、みんな元気に二日目がスタートできたのが何よりでした。

 

さて、昨日のやや暑めの気候と打って変わって、今朝の北海道の気温は11度と冷え込んでいました。午前のアクティビティは、洞爺湖でのカヌー体験。水辺なので、長袖を着ていく生徒がほとんど。ただ、日差しが差し込むと暑いぐらいで、カヌー体験中にも、どんどん気温が上昇していき、終始快適でした。

 

カヌー体験の一風景

川を下るラフティング体験も楽しい北海道のアクティビティの一つですが、透明度の高い洞爺湖の水面を見ながらのカヌーもまた格別。カヌーは、船尾と船頭の二人一組だったので、共同作業により、友達との友情も深まったかな?

 

 

洞爺湖は透明度がすごい

楽しいカヌー体験も気づけばあっという間。午後の目的地である遊園地へとバスで出発です。今日のバス移動時間は短めでしたが、バスガイドさんの話は盛りだくさんで、北海道の最低気温の話から、オオカミ絶滅の話、北海道のバーガーに使われている肉の話、コンビニのご当地おすすめ商品など、話題に事欠きませんでした。

 

 

遊園地は宿泊しているホテルにモノレールで直結しており、アクセスもよい場所にあります。カヌー体験の疲れなどいざ知らず、遊園地研修では、みんなここぞとばかりに楽しんでいました。園内は平日ということもあり、混み合っておらず、待ち時間ゼロですべてのアトラクションに乗ることができました。

遊園地アトラクション

 

いわゆる絶叫系の乗り物も多く、一度だけでなく、二度三度同じアトラクションに乗り、スリルを楽しむ生徒も少なくありませんでした。天候も、雨が降る素振りは一ミリもなく、ただただ一面に青い空と緑の森が広がり、北海道の自然も十二分に楽しむことができました。

 

 

ホテルに戻るころには夕暮れ。昨日同様、北海道の美味を味わいながらの夕食バイキングで一日を閉じました。

 

さあ、明日は修学旅行最終日です。旅程は、水中遊覧船、アイヌ民族博物館、ホースパークと明日も目白押しです。北海道の最後の夜を惜しみつつ、明日を迎えましょう。ではまた明日!

北海道修学旅行 初日

つくば開成では、毎年この時期に修学旅行にいっていますが、今年度の行き先は、北海道!

 

初日の旅程が終了したので、早速ご報告です。

 

北の大地までは、昨年、新青森駅から新函館北斗駅までが開通したばかりの、はやぶさに乗車しての移動でした。約4時間に渡る移動時間で少し疲れもあったかもしれませんが、青函トンネルを抜けて道内に入ると、これから待っている楽しみに、疲れも吹き飛んだようでした。

 

最初の目的地は、大沼公園。「千の風になって」のゆかりの地にもなっている場所だそうです。ここでは先ず、北海道に到着したぞ!ということで、記念撮影で全体集合写真を撮りました。後日写真が焼きあがるのが楽しみですね!

 

大沼湖を背景に

写真撮影後は、自由に公園内を散策です。大沼湖を背景にして写真撮影をしたり、手漕ぎボートに乗ったり、タンデム自転車に乗ってサイクリングしたり、生徒によっていろいろな方法で楽しんでいたようです。

 

サイクリング楽しそう!

その後、宿泊先のルスツへバスの移動。途中雨に降られもしましたが、それも旅の思い出に。バスガイドさんからも、観光ガイドだけでなく、鹿による農作物の被害、過疎化の現状、キツネに触れてはいけない理由など、実に様々なことを教えていただきました。

 

ホテルに着く頃には既に夕食時。バイキング形式の北海道の美味楽しませて頂きました。

 

バイキング、食べ過ぎに注意してね!

明日は、もっと大自然を感じられるカヌー体験、そして、遊園地での研修があります。今日はゆっくりと体を休めてくださいね。ではまた明日!

守谷学習センターでは、8/22(火)にオープンスクールを開催します。

 

通信制高校への入学を考えている生徒、通信制高校に興味のある中学3年生の生徒・保護者の方を対象にして、実際につくば開成高校の雰囲気を味わってもらうことを目的としています。

 

当日はレポートの体験学習や「おもしろ歴史講義 (日本史)」「スパッタリングとステンシル教室 (美術)」も実施します。

 

学校説明会だけでは分からない守谷学習センターの雰囲気を、ぜひ味わってください!

 

つくば開成高等学校 守谷学習センター オープンスクール

  • 日時
    8月22日(火)13時30分~15時30分

  • 会場
    つくば開成高等学校 守谷学習センター
    〒302-0115 茨城県守谷市中央1-20-4
  • 申込方法
    以下をご確認の上、お電話(0297-38-4455)にてお申込みください。

    ※個別相談は、別日程でも設定することが可能です。ご相談ください。

 

 

守谷学習センター初の美術イベント「スパッタリングとステンシル教室」を、7/25(火)に実施しました。

 

まずは美術の先生より説明を受けます

今回は、このイベントには8名の生徒が参加しました。

 

スパッタリング」とは、水で薄く溶いた絵の具を目の細かい網にブラシでこすり、霧状に飛ばす技法をいいます。

またさらに「ステンシル」とは、型紙の模様を切り抜いた部分に絵の具を摺り込む技法をいいます。

今回はこの2つの技法を組み合わせて1枚の作品を制作します。

 

これらの技法は感覚的に描くことができるため、絵を描くのが苦手な人でも取り組みやすいものとなっています。

 

まず型紙からイメージを膨らませます

ブラシを使ってスパッタリング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさんの型紙からイメージを膨らませ、全体の構成を考えていきます。動物をテーマにしたり、型紙の形からヒントを得て制作したり、また好きなキャラクターやイラストを切り抜いて型紙を作る生徒もいました。

 

だんだん完成に近づいていきます

生徒たちはそれぞれ自由な表現で作品を仕上げていきます。

 

ステンシルした上からスパッタリングを重ねるパターン

スパッタリングの上にステンシルを重ねるパターン

型紙をずらしてスパッタリングを繰り返すパターン

・・・などなど、色々なパターンを組み合わせていきます。

 

様々な絵の具の層を重ねることによって、作品が徐々に出来上がっていきます。そうすることで、何とも不思議な空間があらわれてくるようにも見えました。

 

守谷学習センターでの次回の美術イベントは、8/29(火)カリグラフィー教室を行います。お楽しみに!

守谷学習センターにて、7/24(木)に栄養分野の出張授業を実施しました。

今回の講師・増田先生

 

今回は、東京都世田谷区にある「東京栄養食糧専門学校」より、増田先生をお招きして、栄養業界についての講演と体験授業を行っていただきました。

 

前半は、専門学校の紹介や栄養士についての説明をしてくださいました。

 

栄養士は、英語では「dietitian」と呼ばれます。一般的に、我々日本人はdiet(ダイエット)というと痩せることの意味で使用しますが、実は英語の「diet」とは、日本語では「食事」の意味になります。

 

電卓を使用して、全員で計算をしてみます

料理カードから、普段の食事を思い出します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後半は、「適正体重を知り、日々の活動に見合った食事を考えよう!」というテーマで、栄養分野の体験授業を電卓を使用して生徒全員で行いました。

 

まず生徒達は、自分の身長と体重から「BMI」の値と自分の「適正体重」を計算します。

そして、「基礎代謝量」と「推定エネルギー必要量」を計算式にあてはめ、現在の生活環境のなかで健康な体を維持するためには、どのくらいのエネルギー量を摂るべきなのかを計算しました。

 

最後に、普段の食生活に近いものの料理カードをエネルギー量を見ずに選んでもらい、推定エネルギー必要量と1日に食べているエネルギーとの比較をしてみました。

 

最後はカロリーの解説がありました

出張授業に参加した生徒からは、

栄養の大切さを知れて、自分の世界が広がりました。

計算によって、1日にどのくらいカロリーを消費するのか、どのくらい食べなければならないのかがよく分かりました。

給食の献立は、バランスよくつくられていたことが分かったので、栄養士は大事なんだと思いました。

・・・などの感想が寄せられました。

 

次回の出張授業は、10/26(木)に実施する予定です。

分野は決まり次第お伝えします。お楽しみに☆

今年度に入ってから3ヵ月が経過し、いよいよ本格的な夏が到来しました。

 

守谷学習センター主催の体育スクーリングは、5月実施の体育館(バスケットボール・バドミントン・卓球)、6月実施のテニスに続いて、7/5(水)にはボウリングを実施しました。

 

14名の生徒たちがボウリングに参加しました

今年度初となるこのボウリングは、取手市にあるフジ取手ボウルにて行いました。

 

参加生徒数は14名。 牛久本校や土浦学習センター所属の生徒も一部参加していました。今回はボウリング場を利用できる時間が少なかったため、1レーン2名ずつに分かれ、合計7レーンを使用して行いました。

 

参加生徒の中には、月に何度もボウリング場に足を運び、かなり腕を磨いている人もいました。その生徒はストライクを連発し、周囲からは歓声があがっていました。

 

しかし、ほとんどの生徒は、ストライクやスペアが何回かに1度取れればラッキーといった様子です。

そのため、ストライクを出した嬉しさはかなりのもので、友人同士でハイタッチして喜びを分かち合います!

 

全員、ストライクを目指して臨みます

今回は短時間だったため、2ゲームだけというスタイルで実施しましたが、とても充実して行うことができた生徒も多かったようです。

 

参加した生徒からは、

「楽しかった!次もまた参加したい。」

「人生で初めてストライクが取れました!!」

・・・などの喜びの声もありました。

 

次は8/24(木)ボウリングを実施する予定。今回参加しなかった生徒も、次回の参加をお待ちしています☆

つくば開成高校では、毎年夏には各学習センター管轄の警察署の方に、交通安全講話を依頼しています。

守谷学習センターでは、6/29(木)に取手警察署の交通課の警察官をお招きして、講話を実施しました。

 

16名の生徒が交通安全講話を受講しました

今回の交通安全講話のテーマは「自転車の交通ルール」です。

 

免許も教習もなく、誰もが運転できる自転車は、高校生以下の生徒にとって、最も身近な乗り物の1つではないでしょうか?

 

しかし、自転車も自動車と同様、れっきとした車両(軽車両)なのです。多くの人にとって、自転車にも自動車と同じように道路交通法が適用されることや、自転車にも重大な事故の危険性が潜んでいることについては、あまり意識が届かない場合も多いかと思われます。

 

この交通安全講話では、前半にはDVDを見ながら実際の交通事故の事例とその後の社会的責任などについてを学びました。そして後半には、警察官より自転車の通行場所と主なルールについて伝えていただきました。

 

交通事故の再現映像の1コマより

最後には質疑応答の時間があり、生徒は日頃から疑問に思っている道路交通に関する質問を警察官に行っていました。

 

以下は、交通安全講話に参加した生徒の感想の一部です。

「自転車事故はいつ起こるか分からないので、常に交通ルールを守り、加害者にも被害者にもならないように気を付けたいと思います。」

「自転車は、自動車と違って免許等はいらず、簡単に運転ができるけれども、運転する側の責任は自動車と同じだということが分かりました。これからは今まで以上にルールを意識して運転しようと思いました。」

先月5/24(水)に実施した素材製作に続いて、6/26(月)には陶芸教室の絵付け・色付けを行いました。

 

池田先生・更科先生から教わります

約1ヶ月前に成形した素材を、笠間の窯で素焼きを行いました。

そしてその作品に、今回は絵付け・色付けをしていきます。

 

守谷学習センターでは、池田先生・更科先生の指導の下に、16名の生徒たちがこの陶芸教室の絵付け・色付けに参加しました。

 

絵付けをする前には、カップの縁や底の部分のバリを取るために、サンドペーパーでヤスリがけをします。

ヤスリがけが終わると、いよいよ絵付け・色付けの開始です!

 

まずはヤスリがけから

皆さん真剣に取り組みます

おじいちゃんの顔を描く生徒も

 

参加者の絵はさまざま。成形の段階で模様をつけている人はそこに絵付けをしたり、大胆に絵を描いている人もいれば、好きなアニメのロゴマークを丁寧に描いている人もいて、皆さんが個性豊かに仕上げていました。

 

また参加者の中には、大好きな自分のおじいちゃんの顔を作品にするといった生徒もいました。

 

今年も様々な絵付け・色付け作品が完成

まるでアートギャラリーのようですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年度も数多くの力作が出揃いました。そして7月下旬頃には、生徒たちが作った世界に一つだけの陶芸作品が完成する予定になります。楽しみですね☆

 

守谷学習センターの次回の美術イベントは、7/25(火)スパッタリング・ステンシル教室を行います。

お楽しみに!

本好きが集まって
自分のお勧め本を紹介する
ビブリオバトル。

 

今年度第1回めが、6月23日に行われました。

 

勧めるといっても、ただ本の紹介だけでは、No Good!

 

聞き手がぜひ読んだみたいという工夫が必要。

 

今回バトルにエントリーした本は6冊。
エントリー外で、紹介された本は11冊。

 

バトルに参加して、プレゼンテーションをした人は
事前の準備は万全。

 

ギャラリーの反応をうかがい、
盛り上げる工夫をしながら、
時にはユーモアを交えながら、
時には真剣なまなざしで
お勧め本をプレゼンしました。

 

エントリーおよび紹介本の一部(◎チャンプ本 ○準チャンプ本)

  • ○「BLUE GIANT」 石塚 真一
  • 「ライチ☆光クラブ」 古谷 兎丸
  • ◎「12人の怒れる男」 レジナルド・ローズ
  • 「寄生獣」 岩前 均
  • 「何者」 朝井 リョウ
  • 「ほしのこえ」 新海 誠
  • 「魂でもいいから、そばにいて」 奥野 修司
  • 「東京希譚集」 村上 春樹
  • 「深夜特急」 沢木 耕太郎
  • 「少年たちの終わらない夜」 鷺沢 萌

and more

 

次回は、1月に開催予定です。

 

見学のご予約・資料のご請求
牛久学習センター
守谷学習センター
土浦学習センター
鹿嶋学習センター

資料のご請求ご見学・個別相談

go top