〒300-1211 茨城県牛久市柏田町3315-10 TEL:029-872-5532

守谷ニュース

2018年初イベント アクリルたわしを作ろう

守谷学習センターにて、2018年最初のイベントとして、1/9(火)にアクリルたわし作りを実施しました。

今回は、9月に実施した羊毛フェルトのマスコット作りよりも多い、12名の生徒が参加しました。

 

今回は、編み物を中心にした被服実習です

12名のうち6名は、編み物を趣味としていたり、昨年度も同じイベントに参加した経験のある生徒でした。

しかし半数にあたる残りの6名は、編み物の初心者です。

 

そのため、初心者は最初はカギ針編みの基礎練習から行います。何名かは年末の12/26(火)に一度集まって練習したり、当日も、まずはカギ針編みに慣れるところから始めました。

 

カギ針編みに慣れたら、次はくさり編み・・・といった風に、様々な編み方を学んだら、いよいよ本番開始です!

 

この日は、新年明けて初の平日開校日。そのため、参加申し込みをしてから、年末年始の休校期間をはさんでのイベント当日となったため、欠席者も出るかと思われました。しかし、今回は見事に全員出席でした!

 

途中経過。何ができるかはお楽しみ

初詣に行ったこと、お年玉をもらったこと、アルバイト漬けだったこと、インフルエンザにかかったこと・・・などなど、友人同士で年末年始の話に花を咲かせながら編み物を進めていきます。

 

初めのうちは「指が思うように動かない」「先生、分かりません」などの声もよく聞こえてきます。

しかし、慣れてくると徐々にスピードも上がっていきます。

また、手先の方に自然と集中するようにもなってくるので、会話もだんだんと少なくなってきました。

 

今回は、『りんご』『ケーキ』『バラ』『』『』『肉球』の中から、自分がどの作品を作りたいかを事前に選択して行いました。結果、今回一番人気が高かった作品は、『』ということになりました。

 

りんごと猫の完成品

2種類の花を並べました

オリジナルを作る生徒も!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初心者の場合、1日で完成させるのはなかなか難しいようです。作品の製作途中で終了になってしまった生徒の中にも、あともう一息で・・・というものもありました。一方で、初心者と思えない出来栄えの生徒もいたり、経験者の中には、オリジナル作品を仕上げる生徒もいました。

 

この被服実習では、生徒たちの集中して根気強く頑張る姿、作品を作り上げる喜びや達成感が見られました。

そして、製作途中で終了した生徒も「早く完成品を作りたい」と、意欲的な発言をみせてくれました。

 

見学のご予約・資料のご請求
牛久学習センター
守谷学習センター
土浦学習センター
鹿嶋学習センター

資料のご請求ご見学・個別相談

go top