〒300-1211 茨城県牛久市柏田町3315-10 TEL:029-872-5532

守谷ニュース

薬物乱用防止講話~薬物依存の危険性を知る~

つくば開成高校では、毎年冬には各学習センター管轄の警察署の方に、薬物乱用防止講話を依頼しています。

守谷学習センターでは、12/19(火)に取手警察署の生活安全課の警察官をお招きして、講話を実施しました。

 

まずはDVDで薬物のことを学びます

まず前半の20分間は、全員でDVDを視聴します。

覚醒剤や危険ドラッグの種類やその恐ろしさ、また再現ドラマをもとにして、薬物依存のことや、薬物使用は命に関わる危険なものであることを改めて学びました。

 

後半には、警察官より実例をもとに、薬物乱用に関することを伝えていただきました。薬物に手を染める人の大半は、最初は「自分が薬物に手を出すとは思わなかった」と言うそうです。

 

そして薬物を入手するルートについても、昔付き合いのあった友人や同僚に紹介されるというパターンが多いそうです。

さらに、最初の薬物使用では、「ダイエットできる薬だよ」とか、「1回だけ試してみて、もし体に合わなかったらやめればいいよ」などの言葉に惑わされ、それが違法薬物だとは全く気づかないこともあるようです。

 

20人生徒が薬物乱用防止講話を受講しました

この講話を通して、薬物使用がいかに恐ろしいものであるか、そして誰にでも薬物依存者となる可能性を秘めているものだということを学ぶことができました。

 

以下は、薬物乱用防止講話に参加した生徒の感想です。

「自分と同じ年代の人でも、薬物を乱用する人がたくさんいることに驚きました。もし身近な人に誘惑されたとき、うまく対処できるように気をつけたいと思います。」

「薬物は、自分には全く無縁の世界だと思っていました。しかし、今回の講話に参加して、もしかするとすぐ近くにも危険ドラッグがあるかもしれないと思いました。絶対に危険ドラッグには手を染めないようにします。」

 

見学のご予約・資料のご請求
牛久学習センター
守谷学習センター
土浦学習センター
鹿嶋学習センター

資料のご請求ご見学・個別相談

go top